スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギタドラXG レポ

  • 2009/09/29(火) 00:54:15

はい、本日ギタドラXGのロケテに言って参りました。

いやー、平日なのに結構人がいて人気有りましたね。


とりあえず、箇条書きでレポします。

-----------------------------------------------------------

●共通

・モニターはワイド(16:9対応)液晶モニター

・選択ボタンは上下左右(従来は左右のみ)
 その中央にスタートボタン。

・筐体にHELPボタン(操作方法表示)がある

・e-AMUSMENT PASSの認証方法が非接触カードリーダーにかざすタイプに(ロケテでは使用不可)

・クリップムービーはDDRみたいに背景に全画面表示。

・プレイ中スタートボタンでコンボ表示部分に小ウィンドが出て
 ムービーを縮小表示させることが可

・六角レーダーチャート・BPM表記は無し

・HIDDEN・SUDDENコマンド無し

・難易度数値は一の位+小数第二位表記(多分0.00~10.00まで?)

・ロケテ版収録曲はXG新曲9曲と旧曲21曲

・旧曲の譜面もXG用に全て作り直されている


●ギター
・ネックボタンは5個(赤緑青黄紫)

・エフェクターは足元のフットスイッチで操作

・エフェクターの種類はコーラス、ディレイ、リバーブの3つと右にワウペダルが有る

・フットスイッチ3個はON/OFF方式だがワウペダルは踏んでる間しかエフェクト掛からない

・従来のエフェクトノブでエフェクトの強さを調整
(これにより独自の音色を作ることも可)

・ギターネック部分が細くなった

・ロングノーツ追加(ピッキング後ネックボタンを押しっぱなし)

・ロングノーツでボタンを押してる間ギターを揺らすとビブラートが掛かる

・オープンピックモード・ランダム系コマンド・オートプレイ廃止

・ベースモードは全曲赤譜面までちゃんと有る(よし

・BSC=4ボタン・ADV=5ボタン・EXT=5ボタン+オープン譜面という構成

・ワイリングが上・下・横の3方向に

・ワイリング時にバイブレーション機能有り(ON/OFF可能)(レーンも震える)

・筐体左右にギターアンプ型の大型スピーカーユニット
(上の方にアンプの様に幾つかツマミが有ったが、これで低音・中音域・高音を調節出来るかは不明)



●ドラム
・左シンバル,左ペダル,フロアタムが追加

・左ペダルは曲によってハイハットになったり
 バスドラム(ツーバス)になったりする

・筐体は支柱に囲まれステージ台のような仕様
 ステージ台は振動パネル

・譜面に太いノーツ追加。叩くと派手な花火のエフェクトとともに
 ステージ台が振動する

-------------------------------------------------------------


とりあえずこんな感じです。


画質・音質が旧シリーズよりもかなり良くなってます。
弐寺よりも画質上です。


ドラムメインでやっていたんですが物凄く難しいです。

とりあえず赤譜面レベル6.30の曲は撃沈しました。
旧シリーズレベル表記だとレベル56の曲でorz
スキルポイント990の俺でもカモの曲なのに…。

ランカーの方々もかなり苦戦してました。


叩く位置が増え、左足も使って譜面がややこしくなりましたね。

左シンバルのところでついハイハットを叩いてしまったりで
ロータムをフロアタムで叩いてしまったりと旧譜面の感覚はあるので物凄く難しいです。

それにスネアやハットなど元々あったやつも
位置がかなり変わっています。

スネアは丁度股の位置にくるくらい低く、丁度生ドラのような感じ。
ハットは旧筐体よりも左側で位置が高めに。
このスネアとハットの位置関係でとりあえずクロスはやりやすくなりました。

タムの位置が旧より遠めになっています。
旧筐体の感覚でやっているとフレームを叩いてしまうことが多々。

左ペダルは僕の予想通り、曲によってはツーバスになります。

つっても今のところ16分でドコドコ鳴らす譜面はありません。
ドラゴンフォースの『Through the Fire and Flames』があったからドコドコ譜面かと思ったんですが。。

一部だけドコドコやるだけで、あとはV6と同じように右足8分連打。
ロケテだから自重したんでしょうかね。


難易度表記もかなり変わりました。

レベル5.0台で結構難しいです。
僕はレベル5.40の曲でも撃沈しました。

しかしChronosの赤がレベル6.40って低くね!?
V6のレベル表記でではレベル86なのに…(汗

幽々白書の戸愚呂弟がB級妖怪だったというくらいショックやったわ。


ちなみにロケテ版の最高難易度数値は『恐怖の右脳改革』の8.50。
これもV6ではレベル91なんだけどなー。

最高はレベル10.00なんでしょうかねぇ。


ギターは、とりあえずめっさムズいです。
5ボタンめっさキツイですね。
もう、本物の方が簡単な気がしてきたw

ロングノーツはアリだと思います。
つか、ギターなら有って然りだろと常々思っていましたし。
ギターを振ってビブラートは面白いと思います。

ワイリングも従来の上方向だけでなく横・下も追加でアクションが多彩になりました。
これで魅せるプレーも多様化してきましたかね。

…あんまり派手に動きすぎるとイタい子に見られますが。

エフェクターは色々いじれて面白いんですが、曲中にしかいじれませんので、演奏でいっぱいいっぱいでエフェクターを試している余裕がありませんでした。
選曲画面でもいじれる様に出来るといいんですが。。



新曲はどれもカッコ良いですね。

泉さんのHYPER JET LAND。
旧ギタドラでいうJET WORLDの様な曲でした。
赤譜面ものっそい難しくて出来ませんが。


中村さんの新曲
Deep Forestもギター、ベース、ドラムとも楽しい。
相変わらずロックでエッジの効いたギターサウンドや、ベース・ドラムはキメのフレーズがあって面白い。

ムービー中に出るギター持った小5くらいのロリっ娘が最高です。
俺はあの幼女を見るためにムービーガよく見れるギターで選曲しまくったわ。


あさきの別名義である
Rotten Blotchの新曲『Rotten Blotch』は
俺的にはものっそいツボです。

なんというかRotten Blotchらしい哀愁を帯びたメロが物凄く良い。
あさきはメタルやヴィジュアル系チックな曲で人気があり僕も好きですがRotten Blotch名義での70~80年代のおっさんがニヤリとしそうな曲調も好きですね。


版権曲ではまさかシドがくるとは予想外。
シドの『嘘』。良曲だけど赤譜面落ちますorz

旧曲は一部の曲が新ムービーになってます。
『Timepiece PhaseII』のムービーがCG使いまくりでめっさカッコ良いです。



長くなりましたが
総じての感想は

物凄く面白いです。

色々賛否両論ありますが僕は楽しいです。

確かに難しくて苦労するんですが、ギタドラをやり始めた時の様な新鮮な感じがしますね。
慣れたら物凄く楽しいんだろうなぁ、と思えます。
画質とかクオリティは格段にアップしてビジュアル的にもカッコ良いですし。


今後、XGに移行するのか、
それとも弐寺とビーマニが平行して稼動したように、Vシリーズと平行して展開していくのか分かりませんが、マンネリ化していた音ゲーが面白くなりそうです。


…ただ、問題は
俺の地元のゲーセンに入るかどうかですわ(汗

この不景気でゲーセンが潰れたり、
入荷しても採算が合わないから筐体が撤去されたりするご時世。
果たして新筐体を入荷してくれるかどうかが不安です。

あの筐体、かなり高そうやもんなぁ。。
風の噂では200万円前後らしいが…。

ラウンドワンさん、頑張って下さい(マジで


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

もう体験したなんてすごく羨ましいです!!

ギターメインなんでボタンが5個になったのとギターネックが細くなったのはかなり僕としてはデカいですね(笑)
っていうか本物より絶対ムズいですよね……

たしかに戸愚炉弟のB級はショックでしたね(笑)

近所のゲーセンに是非入って貰いたいものですね(笑)

ではでは~

  • 投稿者: たこ
  • 2009/09/29(火) 01:20:41
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。